妊娠性肝斑

肝斑はホルモンバランスの影響によってできやすくなると言われています。妊娠するとホルモンバランスが乱れやすく、卵胞ホルモンやメラノサイト刺激ホルモンなどの影響でシミができやすくなります。

一時的に肝斑ができて、出産後に自然と消えるということも多いようです。

ただ、この時期に紫外線をたくさん浴びてるとメラニンがたくさん生成されてシミができてしまいその後も消えないということもあるようです。基本は紫外線対策が大事になります。紫外線による影響は日々の積み重ねによって起きますので毎日怠らずにやっていきというのが重要です。

肌が乾燥してると肌のバリア機能が低下して紫外線の影響を受けやすくなりますので注意しましょう。セラミドなどの保湿美容液なども活用して乾燥対策もおこなっていきましょう。ラミューテなども保湿成分が豊富に含まれてるのでこういったものを使うのも効果的です。
↓  ↓  ↓


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。