肝斑 美容皮膚科

美容皮膚科での肝斑治療



肝斑の治療方法についてはいろいろな方法があり、美容皮膚科でも様々な治療方法があります。

肝斑はレーザー治療に向かないと言われてきましたが、最近では肝斑の治療に効果的なレーザーも登場しています。レーザートーニングという特殊機器をつかった方法を行うことでメラニンを減少させて肝斑を改善できます。

ほかには飲み薬による治療も効果的といわれています。トラネキサム酸の内服薬を使うことでメラニンをつくるメラノサイトの働きを抑制してシミを改善できます。

またケミカルピーリングも有効だといわれています。ピーリングというのは古い角質を特殊な酸ではぎ落として新しい皮膚の再生を促します。これによってターンオーバーが早まることでシミの改善が出来ます。

こういったものには基本的に保険が適用されないので自己負担となります。肝斑の状態などによっても有効な方法というのは変わってきますのでよく相談して決めるようにしましょう。美容皮膚科もたくさんあるのでネット上の口コミを参考にするなどして自分にあったところを選びましょう。肝斑治療の実績も大事になりますので、候補となる美容皮膚科の公式HPもチェックしてどのくらいの実績があるのかも確認しておきましょう。

美容皮膚科での肝斑治療の流れと注意点


美容皮膚科を受診した場合の流れは受付、問診票への記入、医師の診察、治療薬の処方の順で行われていきます。

美容皮膚科の診察の際には化粧を落としておきましょう。化粧があると肌の状態を正しく確認できませんので注意しましょう。別の医師に掛かってる場合には、そこで処方された薬も持参したほうがいいです。

肝斑と診断されればその後は有効な治療に関する説明を受けます。効果がでやすいものほど治療費が高額になりやすいので自分の経済状況にあわせて慎重に検討することが大事です。治療方法によってメリット、デメリットがありますので、不明な点があれば相談して不安な点を解消した上で納得して治療を受けるようにしましょう。

質問したときに嫌な顔をしたり、めんどくさそうにしてくる美容皮膚科は避けたほういいです。不安を解消して丁寧に答えてくれる美容皮膚科で治療を受けるようにしましょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。