肝斑 隠す

肝斑は治るまでに時間がかかることが多く、その間のメイクをどうするかお悩みの方も多いのではないでしょうか。こうした肝斑が気になる場合にはチークで隠すという方法も有効です。

肝斑は位置的にもチークやコンシーラーで隠しやすい部分といえますので目立たなくさせることができます。ブラシでチクチクと刺激をしすぎたりするのはよくないので気をつけましょう。摩擦や刺激を与えないようにケアをしていきましょう。

しっかり隠そうと思ってコンシーラーを厚く塗りすぎてしまうと不自然になってしまいますので、最初に点々とコンシーラーを置くように塗って、それから指でやさしくなじませるようにすると自然な仕上がりになります。色はワントーン暗いものを選ぶと馴染んで目立ちにくいです。

ある程度伸びがいいコンシーラーを使うと広い範囲をカバーしやすいのでオススメです。肝斑の消し方を解説したメイクの動画もいろいろありますのでそうしたものを参考にしてみるのも有効です。

「資生堂 ナビジョン スポッツカバー」というコンシーラーは評判が良くて人気が高いコンシーラーなのでオススメです。伸び、カバー力、くずれにくさともにレベルが高く、広範囲の肝斑もしっかりカバーできます。コスパもいいですししっかりケアできます。



あとは肝斑が濃くならないように紫外線対策も重要なのでUVケアもしっかりと行い、なるべく紫外線にあたらないようにしましょう。
 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。