肝斑 病気

肝斑は30代から40代におこりやすい頬骨あたりに左右対称にできるシミのことです。しみの形が肝臓に似てるということで「肝」という字が使われてるそうです。

一般的なシミについては紫外線の影響が大きいといわれています。肝斑の場合も紫外線の影響はあるといえますが、それ以外にもホルモンバランスの影響が大きといわれています。

ピルなどを服用するとできやすくなるということもありますし、更年期になってホルモンバランスが乱れることによってできるというかたもいるようです。


ホルモンバランスが改善されることによって自然に消えるということがありますが、紫外線を浴びてシミが濃くなってしまうとなかなか消えないということもありますので注意必要です。美白化粧品などでケアをしつつ紫外線対策をしっかりと行っていきましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。