肝斑治療は保険が適用される?皮膚科と美容皮膚科で違う?




肝斑 保険 適用


肝斑の治療は美白化粧品を使うなどスキンケアの方法以外に、美容皮膚科による治療の方法があります。美容皮膚科で治療してもらう場合に多くの方が気になるのが費用ではないでしょうか。

高い費用だと躊躇してしまいますし、保険が適用されるのか疑問を持つ方も多いと思います。保険が適用されるかどうかは健康目的なのか美容目的なのかによって変わってきます。

保険は一般多数の保険料によって賄われていますが、そうした保険を他人の美容目的に使われるのは制度の趣旨に反するということで美容目的の治療では保険が適用されないということになっています。美容目的での治療は高額になることが多いので、そうした費用を保険でまかなうとなると保険制度が崩壊しかねないという理由もあるようです。

健康目的なのか美容目的なのかは境界が曖昧な部分もあります。同じような症状であっても治療の方法によって保険が適用される場合とされない場合というのがあります。

どういった方法が適用されれるのかについてはいろいろと基準があるらしく、クリニックによっても違ってきます。皮膚科で薬を処方してもらったら保険が適用されたという場合もあれば、美容皮膚科で同じ薬を詳報してもらったら自由診療で保険が適用されなかったということもあるようです。

保険が適用されるかどうか治療法や処方薬によっても変わってきますので不明な点があれば医師と相談したり、事前に問い合わせてみましょう。

肝斑は保険適用されにくい?


一般的には肝斑は病気ではないために保険が適用されないということが多いようです。当の本人にとっては大きな苦痛ですが、自然に治ることも多いので保険の適用が難しいのかもしれません。ただ、ネット上で調べてみると飲み薬などは保険適用されるなどの記述もあります。

美容皮膚科などは基本は保険適用がされなくて、一般の皮膚科の場合には適用されるということがあるのかもしれませんね。皮膚科であっても適用されないことがあるようなので肝斑の保険適用されるところを探すには地道に探してみるしかないかもしれませんね。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。