肝斑 レーザー

肝斑 レーザー 効果



肝斑は頬骨のあたりに左右対称にできやすいシミで比較的目立ちやすいため多くの女性を悩ませている肌トラブルです。

女性ホルモンのバランスを崩したときにできやすく、男性にはほとんどできないシミと言われています。美白化粧品やピーリングで改善すると言われていてレーザーによる治療は不向きと言われていました。

レーザーは単一の波長をもつ光を発する機器で発光源によって人体にさまざまな作用を及ぼし、シミのケア用だけでなく、脱毛用、歯科用、眼科用、麻酔用など幅広い分野で利用されています。一般的なシミについては美容皮膚科などのレーザーは有効ですが、肝斑の場合にはあまり効果が期待できないといわれてきました。

しかし、最近では最新のレーザー機器で肝斑にも効果が期待できるものが登場しています。レーザートーニングと呼ばれる治療で刺激を与えずにメラニンを減らしていくことができます。最新の機器ということで施術を受けることができる美容皮膚科などはまだそれほど多くありません。

肝斑 レーザー 費用


美容皮膚科で受けられるレーザートーニングによる治療ですが、施設によって費用は大きく異なります。顔全体に行う場合には1回で1万円から3万円前後が多く、5回前後行うのでトータルで5万円から10万円ほどかかります。人によっては10回以上行う場合もありますのでそれだけお金がかかります。だいたい月に1回くらいのペースで行います。

また、レーザーの治療代以外にも内服薬や外用薬が必要になる場合もあり、別途料金がかかる場合もあります。治療費に薬代も含まれている場合もあり、料金システムは施設ごとに異なるので確認が必要です。

肝斑 レーザー デメリット


美容皮膚科に通って施術を受けるので交通費や治療費がかかるのがデメリットですが、それ以外に痛みがあるというデメリットもあります。また、すべての方に確実に効果があるというわけではなく、思ったような効果が出ない場合もあります。

新しい治療方法なのですべての方に効果があるわけではなく、肌質や肝斑の状態によっては改善されないこともあります。レーザーの出力や方法など医師の技術的な問題もあるので、実績があるところを選ぶのが大事になってきます。乾燥や赤み、ひりひり感がでてしまうケースもあるので慎重に検討する必要があります。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|