肝斑の原因は紫外線?




肝斑 紫外線


紫外線を浴びることでシミができやすくなると言われていますし、肝斑の原因が紫外線と考える方も多いのではないでしょうか。紫外線が肌に悪く、いろんな肌トラブルを引き起こすのは事実ですし、肝斑もそうなのではと考える方も少なくないはずです。

しかし、この紫外線が肝斑の一番の原因なのかと言われるとそうではないようです。肝斑によってできたシミに紫外線があたることでシミが濃くなったりしますが、肝斑ができる原因とはいいにくいといわれています。

肝斑ができる原因とされているのはホルモンバランスです。ホルモンバランスが乱れることで顔の頬骨のあたりに左右均等にできやすくなります。男性に少なく、女性に肝斑ができやすいのもこうしたホルモンバランスが原因だからと言われています。

妊娠や出産などホルモンバランスが乱れやすい時期にできやすく、男性の肝斑が少ないのはホルモンバランスの影響が大きいと考えられています。ストレスや睡眠不足、運動不足など生活習慣が影響しているといえます。

とはいえ紫外線がまったく関係ないのかといえばそうでもありません。

紫外線で肝斑が悪化する?


肝斑はホルモンバランスが整ってくると自然に消えることも多いです。しかし、消えるまえに紫外線を浴びていると肌にダメージが蓄積してしまいなかなか消えなくなってしまう場合もあります。

そのため肝斑ができたときはより紫外線対策を徹底しなければなりません。夏の間は紫外線対策に気をつける方は多いですが、年間を通して紫外線は降り注いでいますので年間をとおして対策していく必要があります。

室内でも窓際には紫外線が降っていますので注意が必要です。UVカットのカーテンや窓を使ったり日焼け止めをうまく活用するなどして対策していきましょう。

あとは肌の保湿も大事です。肌が潤っているとそれがバリアになって紫外線によるダメージを軽減してくれます。年齢を重ねるごとに肌の潤いが低下していきますので保湿をしっかり行うようにしましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。