肝斑は男性にもできる?治す方法は?




肝斑 男


肝斑は女性に多いシミの種類であり、男性は関係ないと思っている方もいるのではないでしょうか。肝斑は女性に多いのはたしかですが、男性もできてしまう場合があります。

できてしまう原因は様々で複合的に原因が重なってできるといわれていますが、大きく影響するのがホルモンバランスと言われています。ホルモンバランスが乱れることで左右の頬骨のあたりにシミができやすくなります。ホルモンバランスが整ってくると自然と消えることも多いです。

男性にも女性ホルモンがあって女性の半分くらいの量があると言われています。こうしたホルモンバランスが乱れることで男性も肝斑ができてしまいます。

肝斑 男 原因


男性で肝斑ができてしまう原因としてはストレスと紫外線の影響が大きいと考えられます。過剰なストレスは自律神経を乱して、ホルモンバランスも悪化させてしまいます。

ある程度年齢を重ねることで仕事上でも責任のある立場を任されやすいですし、そうした仕事上のプレッシャーやストレスが過度にあるとホルモンの分泌が減少するなどして肝斑もできやすくなります。

あとは男性の場合、あんまりスキンケアに関心を持っていない方が多く、紫外線を大量に浴びている方もすくなくありません。日焼け止めを使わなかったりアウトドアでおもいっきり紫外線を浴びるとシミができやすくなります。

肝斑はホルモンバランスが整うことで自然に治ることも多いですが、肝斑ができている状態で紫外線を浴びると肌にダメージが残り、そのまま肝斑ができたままになってしまうこともあります。

男性の場合、女性よりも肝斑ができる可能性は低いですが、油断は禁物です。普段からストレスのケアをするなどしてホルモンバランスを乱さないように気をつけて紫外線の予防もしっかりするようにしましょう。

男の肝斑 治す


男性の肝斑の治療方法は女性の場合と変わりません。皮膚科などで内服薬や外用薬を処方してもらったり、レーザーによる治療などがあります。

シミの種類は自分では分かりにくいところもありますし、肝斑かと思いきや違うシミの場合もあります。自分で判断できない場合には医療機関で診断してもらったほうが安心です。

最近は男性のオールインワン化粧品とかもありますのでこうしたものを活用してみるのもいいと思います。男性の場合、普段からスキンケアをしていないのでスキンケアをすることで肌質が一気にあがるということもあるようです。

肌の保湿をすることで肌のバリア力が向上して紫外線の予防にもなりますし、若々しい肌になって周囲からの評価も上がるかもしれませんね。

アクアモイスというオールインワン化粧品は1本でいろんな役割を果たしてくれて肌の状態も改善しやすいそうなのでこうしたものを活用してみるのもいいと思います。
↓  ↓  ↓





こうした化粧品はあくまで肌質を改善して肝斑を予防するものであり、すでにできてしまっている場合には効果が薄いので注意が必要です。すでにできてしまっている方は皮膚科で診断を受けたほうがいいといえます。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。