ピルを服用すると肝斑ができる?治療法は?

ピル 肝斑


肝斑の原因はいろいろとありますが、ホルモンバランスの影響が大きいと言われています。肝斑は男性にもできることがありますが、圧倒的に女性のほうができることが多いです。このことから女性ホルモンの影響が大きいと考えられています。

ピルの服用によって女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。そのためピルを服用することで肝斑もできやすくなってしまうというわけです。ピルにはプロゲステロンというホルモンの働きを優位にして排卵を働かないように作用します。

女性が主体的に避妊することができるということで欧米でも広まってるピルは、生理痛が軽減や生理不順の改善、にきびの解消などいろいろなメリットもあります。ピルは人によって副作用がでることもあるので慎重に服用するということが大事です。あまりピルに頼り過ぎるのもよくないので生活習慣の改善や漢方薬などによって体質を改善するようにしましょう。こういった方法のほうが根本的な解決につながりやすいといえます。

ピル 肝斑 治療法


ピルで肝斑ができてしまった場合、どうすればいいのか疑問に感じる方も多いと思います。肝斑ができてしまった場合、ピルの服用をやめてもすぐに肝斑が消えることは少ないようです。この場合、皮膚科で肝斑の治療をしていくことになります。

トラネキサム酸やビタミンCの内服薬、ハイドロキノン外用薬などが治療に用いられています。ピルの服用を続ける場合には、肝斑の薬と飲み合わせても問題ないか確認しておきましょう。

体調を整えることで肌の免疫も向上しますので肌トラブルも改善しやすくなるはずです。ストレス、睡眠不足、疲労の蓄積などは肌の状態悪化を引き起こしますので、生活習慣を整えるようにしましょう。

あとは洗顔、保湿なども大事です。洗顔を丁寧に行い、汚れをしっかりと落として保湿をすることで肌の状態は改善して肝斑も薄くなります。紫外線を浴びすぎると肝斑も治りにくくなるので保湿をしっかりとして肌のバリア機能を向上させるようにしましょう。

美白化粧品も肝斑に効果があるので内側のケアをしつつ、外側から美白化粧品でケアをするのもいいと思います。美白化粧品のなかでは特にビーグレンが効果が高いのでオススメです。ハイドロキノン配合で美白の効果が高く、独自の浸透技術では肌の奥まで有効成分が浸透しますので効果もでやすいです。

トライアルセットは非常にお得なセットになっていますのでぜひこちらもチェックしてみてください。

[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。