肝斑 消えた スキンケア

肝斑 消えた スキンケア 原因




肝斑が自然に消えることがある?こうした疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。シミが消えるのは嬉しいですし、自然に消えたらこれ以上の喜びはないですよね。

具体的にどうすれば消えるのか知りたいという方が多いと思いますが、まずは肝斑がどういうものでどういう原因でできるのかを把握しておきましょう。

肝斑とは頬骨のあたりに左右対称にできやすいシミのことを言います。女性ホルモンのバランスが乱れた時にできやすいと言われていてホルモンバランスが乱れやすくなる更年期になるとできる方も多いです。

ストレスや睡眠不足など生活習慣が不規則ですと、ホルモンバランスは乱れやすくなるので若い方でもできてしまう可能性はあります。目立つ部分にできるシミですし、なんとかしたいところですよね。

シミにはいくつか種類があって有効な治療方法など異なるのですが、この肝斑の場合には美白化粧品で薄くできます

肝斑 消えた スキンケア 化粧品



美白化粧品は種類がたくさんありますし、どれがいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。美白化粧品を選ぶ際のポイントはしっかりとした美白成分が入ってるかどうかです。

効果的な美白成分はいろいろとありますが、特に効果があるのはハイドロキノンです。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われていて高い効果をあげています。アメリカでもこのハイドロキノンは20年以上まえからシミの治療に使われていて高い効果をあげています。

ハイドロキノンは効果が高い反面、扱いが難しいということもあり、この成分を配合した美白化粧品はそれほど多くありません。そのなかで特に人気のなのがビーグレンです。口コミでも大人気になっていて美白で高い効果をあげてるので有力な候補になること間違いなしです。

こういった美白化粧品は実際に試してみないと分からない部分が多いのでまずはトライルセットなどを使ってみることをオススメします。

ビーグレン

公式サイトはこちら

・サイエンスコスメという国際特許取得の技術で肌の奥までハイドロキノンを浸透
・アメリカのセレブが愛用していて口コミで広まった人気のブランドです。
・トライアルセットを購入した方の本製品のリピート率が非常に高くなっています。
・返金保証やカスタマーサポートも充実

公式サイトはこちら



美白化粧品以外の肝斑を消す方法


シミを薄くする方法としては美容皮膚科のレーザーがあります。特殊な波長のレーザー光線を照射することでシミを薄くできます。肝斑の場合には、レーザーは不向きといわれてきましたが、最近では肝斑に効くレーザーというのも開発されています。

レーザートーニングと呼ばれる機器のレーザーを照射することでシミの原因となるメラノサイトを活性化させずに徐々に薄くできると言われています。微弱なパワーで均一的なレーザーを照射することで肝斑を効果的にケアができるということで画期的な方法として広まっています。

レーザートーニングは1回受ければいいというものではなく、数回受けることで薄くなっていきます。回数が必要なのでそれだけ経済的な負担もかかります。回数は5回から15回くらいかかることも多いようです。

料金はクリニックによって差があり、5000円から2万円くらいのところが多いようです。お試し(トライアル)として安くなっているところもあります。レーザートーニングは1回だけでは効果が実感できないので安易にはじめると経済的な負担も大きくなりますので注意が必要です。

レーザートーニングは効果は高いようですが、トータルではかなりの金額がかかりますので、なかなか難しいかもしれませんね。

ほかの肝斑を消す方法としては、美白化粧品、漢方薬、内服薬などがあります。こうした治療を併用して治療をしていくことが多いようです。ほかにはピーリングなどを利用することによって治りが早くなります。

年齢を重ねてくると古い角質が残りやすくなりますが、ピーリングをすることで古い角質を除去して、ターンオーバーを促すことができます。これをすることで肌の状態もよくなり、美白化粧品の浸透も良くなるので効果的に肝斑にケアをすることができます。
 

肝斑の予防、改善には紫外線のケアが大事



肝斑は時間が経過すると自然に治ることもあります。しかし、肝斑ができている状態で紫外線のダメージが蓄積してしまうとシミが濃くなってしまい治りにくくなってしまいます。そのためしっかりとした紫外線対策が重要になってきます。

・日焼け止めを正しく使う
紫外線は春先から増えはじめて夏にピークを迎えますが、それ以外の時期も紫外線は1年中降り注いでいますのでしっかり対策しておく必要があります。基本としては日焼け止めを適切に使うのが大事です。

日焼け止めは意外と正しく使えてない方も多いです。特に多いのが十分な量を使えていないという方です。日焼け止めは適切な量を塗らないと十分な効果を発揮できず、紫外線のダメージを受けてしまいます。

説明書に書かれている適切な量を塗りましょう。実際には説明書に書かれている量の半分とか3分の1くらいしか塗っていないという方も多いのでまずは自分が適切に日焼け止めを使えているかどうか確認してみましょう。

・パウダーファンデーションを利用する
アウトドアで海とか山に言ったりする場合には日焼け止めは必須ですが、それ以外で普段使いするのであれば、パウダーファンデーションを活用するのも有効です。パウダーファンデーションには紫外線を防止する効果があり、肌への負担も少なく、紫外線対策できます。

保湿美容液で保湿をしてからファンデーションをつけるとキレイな仕上がりになってメイクも長持ちします。保湿美容液を使ってから10分位してからファンデーションをつけると粉浮きしにくく自然になじみやすくなります。頬骨のあたりを少し厚めに塗っておいたほうがいいです。

・帽子、日傘、サングラスを活用
日焼けを防ぐアイテムはいろいろありますのでこうしたものを上手く活用していきましょう。生理前や妊娠中、ピルを服用している時期などは黄体ホルモンの影響で紫外線の感受性が高まるのでしっかり対策しておきましょう。


肝斑を予防改善するストレスのケア




ストレスも肝斑を悪化させる要因となります。
過度なストレスがあると自律神経が乱れてしまい、活性酸素を発生させたり、ホルモンバランスが乱れやすくなります。ホルモンバランスの乱れが肝斑を濃くして治りにくくさせる要因ともいわれています。

ストレスを自覚している方もいれば、自覚がないという場合もあります。日々の積み重ねのストレスが蓄積していることもありますので積極的に発散させていくことが必要になります。

・ストレスの解消法
身体を動かす運動をしたり、友達とおしゃべりをしたり、好きな映画や音楽を楽しんだり、いろいろとストレスの解消法はありますのでこうしたものを積極的に取り入れてみましょう。

ヨガやストレッチをしたり、アロマとかでリラックスする時間を作るのもいいと思います。ボーっとして何もしないでリラックスする時間を作って休むのもありです。

ストレスがあると睡眠不足にもなりやすいです。睡眠が不足することで肌の状態が悪化して、肌トラブルになってしまいます。寝る1時間前にはスマホやテレビ、PCは見ないでリラックスする時間を作ると眠りやすくなります。

・ストレスで寝付きが悪い場合
仕事上の不安や嫌なことを思い出してしまい眠れないという場合には、そうした不安な点などをノートに書き出してしまうのが有効です。不安や気になることを書き出すことで脳はそのことを覚えていなくてもいいと判断して頭がスッキリして眠りやすくなります。

紫外線対策やストレス対策を行い肝斑のケアをしていきましょう♪


上で紹介したようなスキンケア、生活習慣の改善をしつつ、美白化粧品を活用することで肌質は良くなって肝斑も消えやすくなり美肌に近づくことができるはずです。ビーグレンの美白化粧品は特に浸透技術が高いですし、肌質の改善にきっと役立つはずです。

CセラムというビタミンC誘導体が含まれて美容液は非常に浸透がよくて効果も高いと評判ですし、試してみる価値はあると思います。美白化粧品のトライアルセットにこのCセラムも含まれていますのでぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。
頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen